静岡県浜松市にある村松篤設計事務所の所長のブログです


by mura-toku
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

 " IWATA・SLOW HOUSE " の現場が、最終仕上げ段階に入っています。

 外部足場が外れ、屋内の左官工事がほぼ完了したため、屋内外の工事が同時に進行していました。



 
b0111173_17254365.jpg


 敷地の東側から眺めた遠景です。

 一目瞭然なのは、他の家に比べて高さが低く抑えられていることです。

 こうすることで家のプロポーションが良くなり、周辺に対して威圧感を与えないことになります。

 また家のボリュームが小さくなるので、その分外壁面積が少なくなりコストダウンにも繋がります。

 もっと大事なことは、写真を見てもお分かりのように、南側に新居が建っても北側の家(右の家)

 に冬でも太陽の光が十分に届くことになり、お隣さんとの関係が良好に保たれることになる訳です。



 
b0111173_17414725.jpg


 昨今の住宅では、建具屋さんが襖や障子を工場でつくって現場に吊り込む(枠の形状や大きさに

 合わせて隙間なく嵌め込むこと)ことが、本当に少なくなりました。

 工事期間の短縮と省力化が重視され、建具と木枠がセットになった大手メーカー製造の既製品を

 導入する現場が大半という時代にまでなってしまいました。

 それにより職人の腕は低下し、結果、後継者が育たない問題になってきています。

 何より、設計者が何も考えず、メーカーのデザインをただ受け入れることも大問題です。

 毎日そこで暮らしながら、季節の変化に伴い木が動く(無垢の木は建てた後も呼吸するため収縮

 がおきます)ことや、木の建具に触れた時の暖かさや柔らかさを感じることが、子供たちの将来

 にとって大事な情操教育を養う場であることを問いたいと思います。



 
b0111173_18094012.jpg


 階段を上がり、2階からリビングの吹抜を眺めたところです。

 家を支える無垢の木の柱と梁、思わず触りたくなる曲面加工の手摺、穴から覗きながら鬼ごっこ

 を楽しむことが出来る紺色の手摺壁等々、これが暮らしをデザインするということです。

 ただ、既製品を寄せ集めただけでは、決して豊かな空間は生まれません。

 写真では分かりにくいのですが、この吹抜はかなり高さを抑えています。

 一番の理由は、吹抜の広さに合わせて天井の高さを計算し、適度なボリュームに調整することで

 上下階が一体になるように考えているからです。(その方が家族の距離も縮まりますからね)

 それには仕上材の選択も重要で、壁と天井を漆喰にして明るい空間になれば、天井の高さは

 さほど気にならないものです。

 これらのことは体感しなければ理解できないことなのですが、狭い広い・高い低い・明るい暗い

 といった空間にメリハリをつけることが家を豊かにしてくれることを、付け加えておきます。




[PR]
by mura-toku | 2018-11-26 18:38 | 建築 | Comments(0)

 現場が進行する中、室内で一番天井が高いリビングの下塗りが完了しました。



 
b0111173_14153943.jpeg

 
 目を凝らして見ないと分かりませんが、斜めの天井全面に塗られています。
 ちなみに、左官材を塗る前は右手の穴開きボード(ラスボードという)が貼られていました。
 ラスボードを使用した理由は、左官材の密着を良くすることと、仕上げの精度を高めるために
 下地を平滑にしたかったからです。
 最近は、コスト削減と時間短縮が主流となり、このように手間を掛けることが少なくなりました。
 参考までに、以前のブログで紹介した下地状況をご覧ください。

 


 
b0111173_14272542.jpeg


 先ほどの写真は、リビングから南方向を見たところでしたが、こちらは反対側の北方向になります。
 手前の開口から奥に見える白いボードが貼られている所までは、畳の間になる部分です。
 ラスボードも左官下塗りも同じグレーカラーなので暗い印象に見えますが、仕上がりは白を基調と
 した生成り色になりますので、相当明るい室内に変貌することでしょう。
 ただ、この段階でもひと際明るく映っているのが、左上のトップライトです。


 
b0111173_14355388.jpeg


 その部分を見上げたところです。
 左官職人の腕の見せ所が詰まった、思わず唸ってしまうくらいの出来栄えです。
 左官仕事は、大きな面(中でも壁より天井)を平滑に仕上げることが難しいと言われていますが、
 ここでは出隅(壁と天井のコーナー)と入隅(勾配天井の対角線が上がっていくライン)が加わっ
 ていますので、難度は高い部類に入るでしょう。
 
 どんな仕事でも共通することは、最後の仕上げよりも下地(下塗り)が重要です。
 下地が良くなければ、決して良い仕上げにはなりません。
 仕上げは後でやり直しができますが、下地までの直しは難しいことを付け加えておきます。



 

[PR]
by mura-toku | 2018-03-08 14:52 | 建築 | Comments(0)

 最近の住宅は、以前に比べて工事期間がずいぶん短くなりました。
 早いものでは、普通の木造住宅でも2~3か月で完成してしまうことがあるようです。
 その背景には、新商品の登場や現場の省力化によるところがあるかと思いますが、はたして
 それでいいのかと、どうしても考えてしまいます。
 中でも外壁は、「金属板やサイディングのように貼れば完了、メンテナンスフリー」などの
 コメントを鵜呑みにし、多くの住宅で用いられているのが現状です。
 もちろん、これらの仕上材でもそれなりに良い素材を用いたり、表面処理に耐久性を施した
 ものであれば分からなくもないのですが、現場では廉価版が数多く見受けられます。


 
b0111173_17550806.jpeg


 この現場では、昔ながらのラスモルタル塗り(防水紙の上に金属の網を貼り、その上にセメント
 と砂を混合したモルタルを塗ること)を漆喰塗りの下地として用いています。
 先に紹介した廉価版のものと比べれば高価にはなりますが、左官職人の手仕事による陰翳や連続
 した面としての魅力には、替え難いものがあるように思います。



 
b0111173_18044489.jpeg


 アプローチから見上げた外観です。
 グレーに塗られたモルタル面が、最終的には漆喰塗りの表情に変わります。
 屋根の直下に貼られた杉板とのコントラストも生まれ、今から完成が楽しみです。


 
b0111173_18093519.jpeg


 少し外壁に寄ってみたところです。
 「左官仕上はクラックが入るから止めた方が良い。見た目が悪くなるし、最悪のケースは雨漏り
 の原因になる」という声を未だに耳にしますが、これらの多くは施工不良が原因と言われています。
 クラックは様々な要因が考えられますが、一番気を付けなければならない点は下地=下塗りだと
 いってもいいでしょう。仕上げるまでに下地を十分乾かしておくことが、肝心なのです。
 また、クラックからの雨漏りは外壁通気層(外壁と躯体との間に結露防止用の通気を設けている)
 があれば考えられず、逆に雨が侵入した場合はこれを設けていないことになります。


 
b0111173_18224177.jpeg


 先ほどの写真の左奥を見返したところです。
 グレーのモルタル面は一部の天井も塗っています。
 屋外の天井に塗る場合は壁以上に注意が必要ですが、確かな仕事であれば何の問題もありません。
 このように直に風雨の影響を受けない設計上の配慮が必要なのは、言うまでもないでしょう。
 外壁も同じように、屋根の出を極力大きく取ったほうが傷みにくいので、注意したいところです。

 どんなケースにおいても言えることですが、建築は長いスパンで考えることが重要です。
 すなわち、工事段階で相応のコストを掛けなければ長持ちはせず、後で後悔することになります。
 やはり良いものは風合いも良くなり、結果的には長持ちするということでしょうか。



[PR]
by mura-toku | 2018-03-01 18:38 | 建築 | Comments(0)