静岡県浜松市にある村松篤設計事務所の所長のブログです


by mura-toku
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:スローライフ ( 1 ) タグの人気記事


 静岡県磐田市内で建築中の「IWATA・SLOW HOUSE」をご紹介します。

 流行に惑わされず、必要かつ好きなものだけに囲まれながらゆっくりと過ごしたいことを

 目的に、この家は計画されました。

 


 
b0111173_14243106.jpg


 南道路に面していることで陽当たりは良いものの、常に見られてしまうことが気になりました。

 南の大きな窓はその分沢山の光を取り込むことができますが、同時に外から見えやすくなって

 しまうので、日中でもレースカーテンを閉めている家をよく見かけます。

 それでは、せっかくの立地が台無しなので、これを解消するための方策を考えてみました。

 工事途中であるがゆえに分かりにくいところもあるかと思いますが、ご勘弁ください。

 ちなみに、外観の中央あたりに階段が架かっている奥側には、大きな窓を設けています。



 
b0111173_14462603.jpg


 室内からその窓を見たところです。

 ここはリビングですが、光と風を取り込むために吹抜を設けました。

 上の窓を見ると外には深い庇のような白い天井が見え、さらにその先には屋根の先端が窺えます。

 つまり、リビングは他の南面より凹ませていることで空間に奥行きが生まれ、包まれているような

 安心感を得られるというわけです。

 ただ、それだけでは外からの視線を遮ることはとても難しいので、策を考えました。

 それは、いくつかのレイヤーを重ねていくことでプライバシーを守ろうというものです。

 具体的には、完成した段階でご説明したいと思いますので、お楽しみに。



 
b0111173_15064624.jpg


 同じリビングの北側には、気兼ねなく窓が全開出来るスペースを設けています。

 窓の外には4畳半の大きさの木製デッキがあり、屋根が掛かっているため雨に濡れません。

 こちらも南の窓と同じく、屋外に十分な懐を取りながらレイヤーを重ねることで、プライバシー

 を確保しようと考えました。北側のインナーデッキは、落ち着いた空間に仕上がりそうです。



 
b0111173_15143183.jpg


 実はこの家、北側にもうひとつの吹抜空間を設けています。

 ひとつ前の写真の左奥にこの吹抜はあるのですが、ここは直接光を入れたりプライバシーを確保

 するために設けているわけではありません。

 南と北の吹抜を介して家族の気配を感じ取る心理的な意味合いと、家全体がワンルームスペース

 になることで屋内の温熱環境を均質にさせる暮らしやすさを考えてのものです。

 実際の暮らしの場面では、2階の子供スペースから階下のダイニングを見下ろしながら、そろそろ

 ご飯かな?と目と鼻で感じ取る子供の様子が目に浮かぶようですね。



 
b0111173_15313184.jpg


 これまでブログで紹介してきた「浜松・夢双庵」や「FUKUROI・FOREST HOUSE」に搭載されて

 いたソーラーシステムが、この家にも導入しています。

 太陽エネルギーを屋根でキャッチし、その熱を活かすシステムは次世代に必要不可欠になるものだ

 と思い、活用してきました。

 今秋の完成を目指して、猛暑の中、仕事は進んでいます!



 

[PR]
by mura-toku | 2018-08-08 15:36 | 建築 | Comments(0)