静岡県浜松市にある村松篤設計事務所の所長のブログです


by mura-toku
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 ❝ 浜松・夢双庵 ❞ の西面外装工事が完了しました。



 
b0111173_14101474.jpeg


 この西面に採用した外装材は、塗装ガルバリウム鋼板の角波スパンドレルというもので、
 正面から釘やビスを見せずに張ることが出来るため、耐久性に優れています。
 隣家が迫っていることもあり、頻繁にメンテナンスをすることが無いよう、穴あき25年・
 塗膜15年保証と遮熱・耐汚染機能が付いた高耐久製品を採用しました。
 もうひとつの理由は、この面が西面であるということです。
 それは・・・このまま説明を続けてもいいのですが、外装材の話に逸れてしまいそうなので、
 ここから本題に入ります。

 写真中央に見える窓をご覧ください。
 窓の上と左に板材がカバーされていますね。
 もう少し近づいて見てみましょう。



 
b0111173_14380838.jpeg



 やはり、窓の上と左に巾広の板が取り付いています。
 ちなみに、この窓は横軸回転(正確には軸が移動しながら窓の下側から開いていって、窓が
 水平になったら止まる)の滑り出しなので、多くの場合は板が設置されていません。
 コストやデザインによる理由が大きいかと思われますが、果たしてそれでいいのでしょうか?

 家は外観デザインを整えつつ、住まうことに対応しなければ意味がありません。
 さらに言うのなら、あらゆる環境に対応できる窓でありたいと、常々考えています。
 前の写真をご覧いただければお分かりのように、この窓と上の屋根には相当の距離があります。
 2階の窓なので、少し開けたまま外出してしまい、帰宅したら不意の雨が降り込んでいた、と
 いうことも考えられなくはありませんね。そう、答えは雨除け(霧除け)のためでした。

 もうひとつの左側の板は何でしょう?
 それは、西面に答えがあります。
 周囲の状況にもよりますが、何と言っても夏期の西日対策です。
 ご承知のように、夏の西日は緩い角度で北西方向から射し込んできます。
 答えはそれを防ぐためなのですが、実はそれだけではありません。
 浜松特有の季節風(南~南西の風)をこの板で受けとめ、風を室内に導くためです。




 
b0111173_10192182.jpg


 この家は、2013年に竣工した ❝ 磐田・直庵 ❞ です。
 少し分かりにくいかもしれませんが、2階の窓には同じく上には庇が、左には壁が付いています。
 詳細をお知りになりたい方は、こちらをご覧ください。


 



 
b0111173_15242555.jpeg

 
b0111173_15243629.jpeg


 ❝ 浜松・夢双庵 ❞ に取り付いているもうひとつの庇です。
 こちらは縦長の窓で、同じく滑り出しなのですが、縦軸回転(軸が移動しながら窓の手前側から
 開いていって、窓が90度になったら止まる)になります。
 つまり、窓を開ければそれが風を受けとめるため、上の雨除け用庇だけで十分なのです。
 



 
b0111173_15244783.jpg


 この家は、2016年に竣工した ❝ HAMAMATSU・AKANE HOUSE ❞ です。
 同じように、右手の西面2階窓上には庇が付き、窓を開けて風を呼び込んでいます。
 よろしければ、こちらもご覧ください。


 


 日本は今、酷暑・豪雨・極寒などの異常気象に見舞われています。
 こうした状況を乗り切るためには、庇ひとつもおろそかに出来ません。
 想定できるシチュエーションに対応可能な設計を心掛けることは、とても大切です。
 各地の気候を踏まえ、自然に逆らわない家づくりを進めていきたいと思います。


 



 
 

[PR]
# by mura-toku | 2018-03-20 15:45 | 建築 | Comments(0)

 ガレージ付き平屋建て住宅 ❝ FUKUROI・FOREST HOUSE ❞ には、大きな軒下があります。


 
b0111173_16143168.jpeg


 南東側からの外観です。
 手前に4本柱が立っている奥のスペースは雨が降り込まず、外で何かをしたい時には役立ちます。
 例えば、こどもと水遊びをしたり、ハンモックを吊るしてぼんやり過ごすことも出来るでしょう。


 


b0111173_16200500.jpeg


 近づいてみると、大きなスペースであることがよく分かります。
 ちなみに、右側のブルーシートのところが窓になり、柱まで1.8mの距離があります。
 完成時には木製のデッキが設けられ、より広く感じられることでしょう。


 


b0111173_16273970.jpeg


 屋内から見たところです。
 シンプルな架構に大きな窓が開けられています。
 この窓はフルオープンの木製建具が嵌められ、室内外が一体になるデザインとしました。
 さらに、その外側には直接出られる木製デッキが連続するので、気持ちいい空間が広がります。

 最近の異常気象による集中豪雨を避けるためにも、大きな軒下を見つめ直してみたいものです。
 家の耐久性は雨の多い日本の気候を踏まえ、屋根の架け方を工夫すべきではないでしょうか?
 もう一度、家を長いスパンで考え、ダメージの少ない設計を心掛けるべきだと思います。



[PR]
# by mura-toku | 2018-03-14 16:39 | 建築 | Comments(0)

 (公社)日本建築家協会東海支部静岡地域会(JIA静岡)主催による、第2回建築ウォッチングが
 2月9日に開催されました。最初の見学先は、静岡県森町にある友田家住宅(国指定重要文化財)。


 
b0111173_10062474.jpeg


 当日は、静岡県の内外から一般、建築関係、行政の方々、合わせて約50名が参加されました。
 快晴のもと、森町教育委員会から配布された資料に基づき、経緯を踏まえた詳しいお話を拝聴。
 現存する母屋は300余年を経ていますが、昭和58年に半解体修理による復元工事、平成23・
 24年に屋根の葺き替えと耐震改修工事が行われたこともあり、美しい佇まいを残しています。


 
b0111173_11513051.jpeg

 
b0111173_11515054.jpeg


 茅葺屋根で覆われた屋内は、赤松や栗が多用され、骨太でリズミカルな軸組みが特徴的です。
 なかでも、柱は一間(1.82m)ごとに建っていて、通常よりも太めのサイズになっていました。
 これは「柱に掛かる梁からの軸力を直接受けているため、柱が座屈しないようにしている」と、
 同行された構造家の山辺氏が語った言葉に、参加者一同が納得した表情を浮かべていました。
 十分に見学時間を充てたつもりがタイムアップとなり、渋々次の場所へと移動していった先は、


 
b0111173_13475076.jpeg


 同じ森町にある複合型体験施設の「アクティ森」。
 陶芸や草木染め等の創作やアウトドア体験、地場産品の販売所やレストランが併設されています。
 ここでは昼食を取るために立ち寄ったため、一行はレストランへ直行。
 時間と人数の関係上、予め決められたメニューの中から私が選んだのは、


 
b0111173_13534730.jpeg


 一番人気の「大井川ダムカレー」。
 地場産の食材を使用し、少し辛口の大人のカレーに仕上がっていました。
 スプーンがスコップをかたどっていて、遊び心を感じさせる演出に思わず笑みが・・。
 食事を済ませた後は、僅かな時間を利用してのショッピングを楽しんでいただきました。
 次は、本日のメインイベント会場である「掛川市森林組合新事務所」へと向かいます。


 
b0111173_13591841.jpeg


 会場入りする前に、新事務所をバックに参加者の皆様との記念撮影。  
 残念ながら、会場設営に専念していただいたJIA静岡のメンバーは写っていませんが、それでも
 写真に納まりきらないくらい、大勢の皆様にご参加いただきました。
 ちなみに写真中央の長身の男性が、今回講演をしていただいた構造家の山辺氏です。
 
 と、これから先は私も投稿させていただいている「住まいネットマガジン びお」の編集の方が
 詳しく記事を掲載していますので、下記をご覧ください。


 


 また、以前のブログで紹介した記事も、よろしければ併せてご覧ください。


 



 

[PR]
# by mura-toku | 2018-03-09 14:15 | イベント | Comments(0)

 現場が進行する中、室内で一番天井が高いリビングの下塗りが完了しました。



 
b0111173_14153943.jpeg

 
 目を凝らして見ないと分かりませんが、斜めの天井全面に塗られています。
 ちなみに、左官材を塗る前は右手の穴開きボード(ラスボードという)が貼られていました。
 ラスボードを使用した理由は、左官材の密着を良くすることと、仕上げの精度を高めるために
 下地を平滑にしたかったからです。
 最近は、コスト削減と時間短縮が主流となり、このように手間を掛けることが少なくなりました。
 参考までに、以前のブログで紹介した下地状況をご覧ください。

 


 
b0111173_14272542.jpeg


 先ほどの写真は、リビングから南方向を見たところでしたが、こちらは反対側の北方向になります。
 手前の開口から奥に見える白いボードが貼られている所までは、畳の間になる部分です。
 ラスボードも左官下塗りも同じグレーカラーなので暗い印象に見えますが、仕上がりは白を基調と
 した生成り色になりますので、相当明るい室内に変貌することでしょう。
 ただ、この段階でもひと際明るく映っているのが、左上のトップライトです。


 
b0111173_14355388.jpeg


 その部分を見上げたところです。
 左官職人の腕の見せ所が詰まった、思わず唸ってしまうくらいの出来栄えです。
 左官仕事は、大きな面(中でも壁より天井)を平滑に仕上げることが難しいと言われていますが、
 ここでは出隅(壁と天井のコーナー)と入隅(勾配天井の対角線が上がっていくライン)が加わっ
 ていますので、難度は高い部類に入るでしょう。
 
 どんな仕事でも共通することは、最後の仕上げよりも下地(下塗り)が重要です。
 下地が良くなければ、決して良い仕上げにはなりません。
 仕上げは後でやり直しができますが、下地までの直しは難しいことを付け加えておきます。



 

[PR]
# by mura-toku | 2018-03-08 14:52 | 建築 | Comments(0)

 最近の住宅は、以前に比べて工事期間がずいぶん短くなりました。
 早いものでは、普通の木造住宅でも2~3か月で完成してしまうことがあるようです。
 その背景には、新商品の登場や現場の省力化によるところがあるかと思いますが、はたして
 それでいいのかと、どうしても考えてしまいます。
 中でも外壁は、「金属板やサイディングのように貼れば完了、メンテナンスフリー」などの
 コメントを鵜呑みにし、多くの住宅で用いられているのが現状です。
 もちろん、これらの仕上材でもそれなりに良い素材を用いたり、表面処理に耐久性を施した
 ものであれば分からなくもないのですが、現場では廉価版が数多く見受けられます。


 
b0111173_17550806.jpeg


 この現場では、昔ながらのラスモルタル塗り(防水紙の上に金属の網を貼り、その上にセメント
 と砂を混合したモルタルを塗ること)を漆喰塗りの下地として用いています。
 先に紹介した廉価版のものと比べれば高価にはなりますが、左官職人の手仕事による陰翳や連続
 した面としての魅力には、替え難いものがあるように思います。



 
b0111173_18044489.jpeg


 アプローチから見上げた外観です。
 グレーに塗られたモルタル面が、最終的には漆喰塗りの表情に変わります。
 屋根の直下に貼られた杉板とのコントラストも生まれ、今から完成が楽しみです。


 
b0111173_18093519.jpeg


 少し外壁に寄ってみたところです。
 「左官仕上はクラックが入るから止めた方が良い。見た目が悪くなるし、最悪のケースは雨漏り
 の原因になる」という声を未だに耳にしますが、これらの多くは施工不良が原因と言われています。
 クラックは様々な要因が考えられますが、一番気を付けなければならない点は下地=下塗りだと
 いってもいいでしょう。仕上げるまでに下地を十分乾かしておくことが、肝心なのです。
 また、クラックからの雨漏りは外壁通気層(外壁と躯体との間に結露防止用の通気を設けている)
 があれば考えられず、逆に雨が侵入した場合はこれを設けていないことになります。


 
b0111173_18224177.jpeg


 先ほどの写真の左奥を見返したところです。
 グレーのモルタル面は一部の天井も塗っています。
 屋外の天井に塗る場合は壁以上に注意が必要ですが、確かな仕事であれば何の問題もありません。
 このように直に風雨の影響を受けない設計上の配慮が必要なのは、言うまでもないでしょう。
 外壁も同じように、屋根の出を極力大きく取ったほうが傷みにくいので、注意したいところです。

 どんなケースにおいても言えることですが、建築は長いスパンで考えることが重要です。
 すなわち、工事段階で相応のコストを掛けなければ長持ちはせず、後で後悔することになります。
 やはり良いものは風合いも良くなり、結果的には長持ちするということでしょうか。



[PR]
# by mura-toku | 2018-03-01 18:38 | 建築 | Comments(0)