人気ブログランキング |

静岡県浜松市にある村松篤設計事務所の所長のブログです


by mura-toku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:イベント( 31 )


 " 村篤設計塾2019 " の最終案内です。

 今年3回目の会場は、博多で行います。

 「密集地におけるプランニングを学ぶ」を設計講義のテーマとして、実際に博多市内に建つ

 住宅を見学したり、これから建設を予定している具体的な土地にプランニングをしたりと、

 充実したカリキュラムを組みました。

 建築ウォッチングは、都市に森を実現したアクロス福岡をはじめ、前川國男氏設計の福岡市

 美術館、大江宏氏設計の大濠公園能楽堂など盛り沢山です。

 2日目の昼食は、オプションですが吉村順三設計の河庄で食と建築を堪能します。




 
b0111173_14541455.jpg

b0111173_14550301.jpg


 上記の内容で、今年最終の設計塾を募集中です。

 ご興味がある方は、奮ってご参加ください!

 



by mura-toku | 2019-09-30 15:01 | イベント | Comments(0)

 " 村篤設計塾in浜松 " の2日目の模様をご紹介いたしましょう!

 前日、猛暑の中での住宅見学を終え、疲労と睡魔が襲う中、当日与えられた設計課題に

 果敢に取り組んだ塾生たちは、一人の脱落もなく図面を描きあげました。

 すっきりした状態で臨んだ2日目は、恒例の塾生による発表と私の講評からスタートです。



 
b0111173_13410703.jpg


 手前に写っている私の視線を感じながら、緊張した面持ちで発表する塾生もいれば、




b0111173_13421805.jpg


 身振り手振りで自慢のPLANを力説する塾生もいたりして、各々の個性が現れる瞬間です。



 
b0111173_14013244.jpg


 塾生の発表が終わったら、すぐに私から辛口の講評を吐き出します。(愛のムチでしょうか?)

 正直、私も初めてPLANを見て、瞬時に感想や意見を申し上げるので、脳みそを極限状態まで

 働かさなければならず、終わった後はいつも疲労困憊になるほどです。

 そんな、疲れた私の傍らには・・・



 
b0111173_14054532.jpg



 午後から見学に行く予定の住宅の図面を取り囲みながら、食い入るように見ていました。

 老若男女、いつでも設計に対する好奇心だけは失ってはいけませんね。



 
b0111173_14121286.jpg


 朝から降り続いた雨がどしゃぶりになり、見学が危ぶまれましたが、住まい手の素晴らしい応対の

 おかげで、気持ちよく時を過ごすことが出来ました。

 ここは、23坪の狭小崖地に建つ、延床18坪の小住宅「AKANE HOUSE」です。

 決して広くないリビングに身を置いた男性陣は、順番でソファに座り、空間を味わっていました。



 
b0111173_14115946.jpg


 このハンパない靴の数から、塾生たちの熱量が感じられた瞬間。

 おそらく、住まい手にとっては初めての出来事で、ご迷惑をお掛けしたことでしょう。

 それでも、毎回笑顔で迎え入れてくださる住まい手には、感謝の気持ちでいっぱいです!



 
b0111173_14295889.jpg


b0111173_14300756.jpg


 次に向かったのは昨年竣工した住宅で、高台の立地を活かしたインナーバルコニーが特徴的。



 

b0111173_14344042.jpg


 最後は、今回の設計課題として取り組んでもらった敷地へ・・・

 そこには、弊社が設計した実際の住宅(離れ)が建っていました。

 塾生たちが頭を悩まして考え抜いたものと何が違うのか?それを確認するような時間です。




 
b0111173_14390105.jpg


b0111173_14391602.jpg


 2階建ての9坪の離れは贅沢なものなのかもしれません。

 ただ、決して狭さを感じさせない工夫を随所に施しています。

 基本的に空間を一つに纏め、視線を遠くへ運び、自然の光と風を呼び込むことが出来ました。



 
b0111173_14533182.jpg


 最後は、今回見学した全ての住宅を施工された水﨑氏(前列右端)を交えての記念撮影。

 塾生たちの充実した顔を見て、今回もホッと胸をなでおろしました。

 とてもとてもハードな2日間でしたが、ご満足いただけたのではないでしょうか。

 次回はいよいよ最終回、11月に博多へ出向きます!(乞うご期待)

 

by mura-toku | 2019-09-27 15:01 | イベント | Comments(0)

 8月22日~23日にかけて、村篤設計塾2019の2回目が浜松で行われました。

 今回は、私の地元ということで、これまでに手掛けた新旧の仕事を数多く見ていただくことと、

 当日発表した課題をその日のうちに纏め上げる即日設計をしていただくことに重点を置きました。

 あまりにもハードな内容ゆえ、参加者は少ないかなと思ったのですが、「村松さんが設計した家

 を体感したい」「住まい手からの生の声を聴いてみたい」「短時間で纏める設計を身に付けたい」

 という声が寄せられ、全国から沢山の塾生が集まることになりました。



 
b0111173_10325541.jpg

 
 最初に見学いただいたのは、36年前に竣工した
 です。

 私が、社会に出て間もない頃に設計した原点ともいえる住宅ですが、塾生たちは隅々まで興味深く

 見続けていました。


 

b0111173_10404964.jpg



 次に向かったのは、11年前に竣工した
 です。

 地元の天竜材をふんだんに用いた住宅は、「住み慣れた場所での夫婦二人の生活を守るだけでなく、

 昔からの近所付き合い、背景となる山並み景観との調和など、地域との関係を大切にした住まいづ

 くり」が高く評価され、第21回静岡県住まいの文化賞最優秀賞を受賞しています。

 ここでも、塾生たちは空間を堪能しながら、一方でディテールに目を凝らしていました。



 
b0111173_10405945.jpg


 見学後は、軒の深いデッキ下で記念撮影。35度の猛暑の中でしたが、室内は快適な環境でした。




 
b0111173_10411288.jpg


 次は「浜松・山東庵」で用いられた天竜材を見るために、近くの製材工場へ向かいました。

 塾生たちが真剣に聞き入っている先には・・・




 
b0111173_10412027.jpg




 村篤設計塾の事務局を務めてもらっている、鈴三材木店の加藤氏がいました。

 天竜材の特長やどの部位に用いられているのかなど、具体的に分かりやすく解説していただきました。



 
b0111173_10412914.jpg


 1日目の最後は、鈴三材木店の会議室をお借りし、即日設計に突入。

 実在する土地に住まい手からの具体的な要望を提示し、それを3時間でプランを纏めるという大変

 難しいことにチャレンジしてくれました。

 暑さと疲労が残っているにもかかわらず、真剣な眼差しで机に向かう姿は近寄りがたい雰囲気が漂っ

 ていましたが、私とスタッフはマンツーマンでプランニングの指導に当たっていきました。

 はたして、翌朝からの発表に間に合ったのか?

 

 

 

by mura-toku | 2019-08-29 11:14 | イベント | Comments(0)
 
 久しぶりの投稿です。

 というのは、毎年この時期になると、恒例の設計塾の準備に追われるからなのですが、今年で5年目を

 迎える今回は、初の東京開催ということもあり、盛り沢山の内容になりました。

 まずは、初日の模様をご紹介いたしましょう。



 
b0111173_10274685.jpg


 都内の某駅に集合し、真っ先に向かったのは、今から60年以上前に建てられた個人の住宅です。

 私邸ということもあり、詳細内容がお伝えできないのは残念ですが、オーナーと管理団体のご好意で

 今回は特別に見学をさせていただくことが出来ました。

 塾生たちは五感を働かせて昭和の名住宅を解き明かそうと、真剣に向き合っている姿が印象的でした。



 
b0111173_10280163.jpg


 さらにもうひとつ、場所を移動して訪れたのが、40年以上前に建てられた建築家の自邸です。

 こちらも詳細はお伝えできないのですが、全体計画から詳細に至るまでこだわりぬいた、建築家の

 手腕を体感することが出来ました。

 

 
b0111173_10545854.jpg

 
b0111173_10594389.jpg

 
b0111173_10595638.jpg


 ふたつの私邸を見学し、次に向かったのは設計講義の会場です。

 初日の最後は、私の履歴を含む特別講義で「設計と真剣に向き合う」について話をしました。

 初めて設計に取り組む方には私が考える設計のイロハを、熟練の方には建築家の思考を伝えることが

 出来たのではないかと思います。



 
b0111173_11075617.jpg

 
b0111173_11080607.jpg


 講義の会場と宿泊先に選んだのは、都内にある天然温泉浴場付きの水月ホテル鴎外荘です。

 上野から歩いて移動できる場所に、閑静な安らぎの宿があるのは、とても落ち着きました。

 ホテルの敷地内には森鴎外の居宅が残されていて、こちらも必見です。



 
b0111173_11284486.jpg


 というわけで、中身の濃い初日が終了しました。

 2日目の模様は、追ってご紹介したいと思います。

 参加された塾生からは「こんなに充実している塾なら人に紹介したい」とか、「次回からの参加は

 出来ないのか」といった声が聞かれたため、事務局と相談し、追加募集案内をすることにしました。

 次回は、8月22日・23日の2日間、私の地元・浜松での開催になります。

 私が35年前に設計した住宅から最新作まで、計5棟を特別に見学していただくことにしました。

 もちろん、座学や即日設計の際のマンツーマン指導、課題発表&講評も行います。

 今回だけは参加を検討したいと思った方は、上記宛または私までご連絡をいただければと思います。

 皆様のご参加をお待ちしております。

 



by mura-toku | 2019-05-28 11:30 | イベント | Comments(0)

山口蓬春記念館を訪ねる


 
 小雨降る肌寒い天候の中、念願の山口蓬春記念館(旧山口蓬春邸)を訪ねました。

 その理由は、日本画家・山口蓬春の仕事場を見てみたいということではなく、建築家・吉田

 五十八の設計による数寄屋建築の仕事を、体感したいと思い続けていたからです。

 といっても、これまでに吉田五十八の自邸(湘南・二宮)をはじめ、猪俣邸(東京・成城)や

 北村邸(京都)等の住宅、リーガロイヤルホテル(大阪・中之島)や大和文華館(奈良)等の

 施設建築に足を運んできたわけですが、なぜか旧山口蓬春邸だけは特別な想いがありました。

 それは、先に紹介した自邸や北村邸を見学した際に思ったことなのですが、更地に建てる新築

 ではなく、既存の住宅に増改築等を施した時の方が、空地面積や予算等の制約により難易度が

 上がり、それによって生まれる設計の密度の高さを感じ得たからです。

 山口氏がライカのカメラ一式を売却して購入した住宅(当時はある会社の保養施設)は、戦後

 間もない1948年(昭和23年)のことでした。

 そこには画室が無かったため、山口氏はしばらく2階の座敷で制作に励んでいたようです。

 そんな山口氏を旧友である吉田氏は設計でサポートしようと、その住宅を購入した時から構想

 していたアイデアを練りながら、丹念に図面に仕上げていきました。

 こうして1953年(昭和28年)の年末に、珠玉の画室・書庫が誕生しました。

 

 
b0111173_18154149.jpg


 その増築した画室と書庫を庭から眺めたところです。

 線の細い吉田流の数寄屋デザインが、手摺や窓の桟に見られます。

 ちなみに今回は、私が所属している(公社)日本建築家協会主催の建築ウォッチングに参加して

 実現したわけですが、今から8年ほど前に訪れた東山旧岸邸(静岡・御殿場)も同企画に参加し、

 吉田氏の設計に食い入るように見ていたのを思い出しました。

 



 
b0111173_17210172.jpg


 気持ちが昂るのを抑えきれないほど興奮した状態で、憧れの画室に入りました。

 中央右寄りに開いているところが、廊下から入る画室の入口です。

 正面に設えられているソファの後ろは、全開出来る大きな硝子戸越しに北庭が広がっていました。

 


 
b0111173_17283418.jpg


 そのソファに座って、正面に見える景色に圧倒されました。

 床から天井までが完全に外界と一体になっていて、まるで日本画のようです。

 内と外を巧みに繋げる日本建築の醍醐味を堪能し、しばらく震えが止まりませんでした。

 当然のことながら、その開口には建具が仕込まれていて、その全てが壁に引き込まれていました。



 
b0111173_17350648.jpg


 正面の開口に硝子戸が閉められました。

 よく見ないと分かりませんが、正面には3枚の大きな硝子戸が自立しています。

 その建具の細い横桟が2本あるのですが、下の桟は屋外の最上段手摺と高さを揃えていました。

 些細なことかもしれませんが、少しでも余分な線は消したいと願う建築家の拘りが見られます。

 左手の白い壁は全面収納になっていて、絵の仕事に必要なものが仕舞われていました。



 
b0111173_17412757.jpg


 おや?と思われるかもしれませんが、画室と南側の縁との間に障子が仕込まれていました。

 しかもこの障子、床から天井までの建具なのに、上の部分だけ欄間のように開閉できる仕掛けが

 あり、1枚の中で引違いすることで最大半分の大きさまで自然光を取り込むことが出来るのです。

 つまり、ここで絵を描く際に、光のコントロールをするためのディテールだったわけです。



 
b0111173_17520647.jpg


 画室のコーナーから全景を眺めてみました。

 資料によると、床は本桜の寄木張り、壁と天井は聚楽塗、枠材や建具材は赤杉の仕上です。

 最上級の材を知り尽くした上で、匠の技術により見事な空間に仕上げています。

 天井に埋め込まれた照明は製作によるもので、シェードの桟は金属製で細く見せていました。


 
b0111173_18000951.jpg


 縁の南に建て込んである木製建具(硝子戸)です。

 赤杉の糸柾(国産材の中では最上級)なので、木目が詰んでいて縦の線が真っ直ぐ伸びています。

 だから、狂いが無くて華奢な建具が出来るのかと、少し羨ましく思えた瞬間でした。

 この建具、縦の框も細いけど、横はもっと細く、しかも断面が五角形で先端がとがっていました。

 横の線は消したいという拘りがここにも見られ、何だか当時の様子を垣間見たように感じました。



 この華奢な建具を見て、以前宿泊した京都ウェスティンホテルにある佳水園(設計:村野藤吾)

 を思い出し、当時の建築家と職人が火花を散らしながら仕事に集中していただろうと感じさせる

 熱気を想像させました。

 そして、建築家のデザインを引き出すためには、良材が必要だということを改めて感じたのでした。



by mura-toku | 2018-11-22 18:23 | イベント | Comments(0)

 「浜松・夢双庵」のオープンハウスが間近に迫ってきました。

 気になる現場の最新情報をお伝えしたいと思います。



 
b0111173_18205377.jpg


 敷地へのアプローチから見上げた全景です。

 アプローチの左側には、家のデザインに合わせて木格子のフェンスを連続させています。

 並行して、家の手前には植栽工事も進行中です。




 
b0111173_18233836.jpg


 思わず外へ出たくなるインナーバルコニーです。

 高木の山法師がより外へと誘ってくれています。

 外は猛暑なのに、不思議とこの空間には風が吹き抜けます。




 
b0111173_18255380.jpg


 左手のインナーバルコニーと繋がっているのは、ダイニングです。

 2つの開口部はどちらもフルオープンで、外界がより身近に感じられます。




 
b0111173_18280521.jpg


 一転して、リビングに続いている畳の間です。

 4畳半ながら、リビングとの間に設けた大襖を開けると狭さを感じません。

 既製感覚に捉われない草の和室を、是非ご堪能ください。




 
b0111173_18323486.jpg


 一日の疲れを癒すために造られた浴室です。

 床・腰・壁天井には適材適所の材を選択しました。

 私が知りうる最強の浴室材料を用いているので、メンテナンスも容易かと思われます。




 
b0111173_18360980.jpg


 アイランドキッチンから右奥に繋がっているのがダイニングです。

 オリジナルキッチンも必見ですが、左手に少し見えている大谷石は見応え十分ですね。

 白く見えている垂直の丸柱の正体は、実物をご覧いただいてのお楽しみに取っておきましょう!



 今回のオープンハウスは完全予約制となっていますので、こちらの注意事項をお読みください。

 皆様のご参加をお待ちしております。


 

 

by mura-toku | 2018-07-25 18:46 | イベント | Comments(0)

 昨年から工事を進めてきました " 浜松・夢双庵 " が、竣工の運びになりました。

 建主のご好意により、特別にオープンハウスを開催することになりましたので、

 現状の報告と合わせてご紹介させていただきます。



 
b0111173_18191767.jpg


 正面のアプローチから見上げた外観です。

 現場が進行しているため完成形ではありませんが、一部の植栽がされて家らしくなってきました。



 
b0111173_18233689.jpg


 南側から見た正面の外観です。

 2階リビングの大きな窓から眺められるよう、山法師が植えられました。



 
b0111173_18271579.jpg


 2階リビングの大開口をフルオープンにした状態です。

 全ての窓を壁の中に収納しているため、外と内が一体になっています。

 窓の向う側には雨に濡れないインナーバルコニーが広がり、思わず外へ足を運びたくなります。


 
b0111173_18301334.jpg


 窓の内側にはカーテンやブラインドではなく、障子を入れました。

 障子を閉めただけで、空間が引き締まる感じがしますね。

 写真では分かりにくいのですが、障子紙が自然光を拡散させ、柔らかい印象に変化しました。



 
b0111173_18351731.jpg


 写真手前がダイニング、奥がリビングです。

 先ほどのインナーバルコニーは右側にあるので、L型の開口が全開になった状態です。

 室内空間はくびれていますが、バルコニーと繋がることで随分と印象が変わります。




 
b0111173_18385938.jpg


 奥のダイニングと繋がっているのが、手前のキッチンです。

 オリジナルのアイランドキッチンは、ステンレスカウンターに木製建具を組み込みました。

 床は稀少材のラオス松、左手の壁は大谷石、天井は砂漆喰塗りと拘りの仕上となっています。



 オープンハウスは7月28日(土)、29日(日)に開催します。

 詳細については、こちらをご覧ください。




by mura-toku | 2018-07-17 18:54 | イベント | Comments(0)

 設計のスキルを磨きたい、自分の想いをクライアントに伝える術を学びたいなどの声に応える
 目的で、私塾を始めることにしたのが、今から3年前の2015年。
 早いもので、 ❝ 村篤設計塾 ❞ は今年で4回目を迎えることとなりました。
 そこで、これまでの足跡を振り返りながら、その模様をご紹介したいと思います。



 
b0111173_17384119.jpg


 設計塾ですから、皆さんに設計をしていただくことに相当な時間を割いていますが、良い設計を
 するためには実際の建築を見て感じることも重要だと考え、毎回必ず見学を組み込んでいます。
 こちらの住宅は2008年に竣工した「浜松・山東庵」で、静岡県住まいの文化賞最優秀賞を
 受賞しました。塾生自ら住まい手に住み心地等の感想を聴けるのも、勉強になると好評です。


b0111173_17571075.jpg


 私たちが設計した住宅だけではなく、各地に点在している名家も訪問します。
 こちらは、岡山県倉敷市内に建つ「大橋家住宅」の一室です。
 黒塗りのインテリアに自然光が射し込む劇的な空間は、思わず息をのむ美しさでした。



 
b0111173_18032498.jpg


 ときには、このような和風旅館に泊まることもありました。
 こちらは、京都東山のウェスティン都ホテル京都の別館「佳水園」です。
 社会に出て初めて感動した名建築のひとつで、建築家・村野藤吾による設計として知られています。
 参加者全員が別々の部屋に宿泊し、皆でそれぞれの部屋を見学したことが思い出されます。



 
b0111173_18122274.jpg


 見学先は、これだけにとどまりません。
 アウェイ(私のホームである浜松から出向いていく)の場合は、必ず塾生の仕事も拝見します。
 こちらは、愛知県西尾市のイシハラスタイルの仕事です。
 同じ塾生として緊張する場面ではありますが、以外にも屈託のない会話が印象的でした。



 
b0111173_18172549.jpg


 さて、ここからは設計の勉強について、ご紹介します。
 はじめは、座学である設計講義の一場面です。
 私が考える設計手法についての説明と、どうやってプランを導いていったらいいのかを具体的に
 分かりやすく解説していきます。



 
b0111173_18375500.jpg


 設計講義の後は、塾生たちが設計課題についてプランニングをしているところを回っていき、
 マンツーマンにて直接話をしながら設計の手助けを行います。
 こうすることで、何をどうしたいのかが見えてくるので、ここはお互いに真剣モードとなり、
 個性を活かしたプランが徐々に整っていきます。




 
b0111173_18462519.jpg


 塾生のプランが出来たら、次は各自発表となります。
 ここでは私がクライアントになり、説明を聞く側に回ります。
 これも日常の仕事において、どれだけクライアントに分かりやすく端的に説明が出来ているのか
 を試す、まさにトレーニングの場と言っていいのかもしれません。



 
b0111173_18501041.jpg


 今度は、私がそのプランに対して講評を行います。
 プラン完成まで同じプロセスを踏んでいるはずなのに、見事に違うプランが出揃います。
 塾生たちからのリクエストもあり、厳しいコメントを吐き捨てる場面も・・。



 
b0111173_18552868.jpg

 
b0111173_18554551.jpg


 夜は、開放的な気持ちで懇親会を行います。
 こちらは、倉敷市内にある創作フレンチの「キャンドル卓 渡邊邸」ですが、建築家のデザインに
 よるインテリアがとても素敵で、キャンドルの灯りに包まれた良いひと時でした。



 
b0111173_18583657.jpg

 
b0111173_18585261.jpg


 最後は、私の建築の原点「河井寛次郎記念館」と、今回の設計塾で見学いただける住宅です。
 私が20代の頃に設計した築35年の「街の語り部になる家」をご覧いただくことが出来ました。
 今回も充実したプログラムになっていますので、是非ご参加を検討してみてください!




 



 



by mura-toku | 2018-04-13 19:03 | イベント | Comments(0)

 (公社)日本建築家協会東海支部静岡地域会(JIA静岡)主催による、第2回建築ウォッチングが
 2月9日に開催されました。最初の見学先は、静岡県森町にある友田家住宅(国指定重要文化財)。


 
b0111173_10062474.jpeg


 当日は、静岡県の内外から一般、建築関係、行政の方々、合わせて約50名が参加されました。
 快晴のもと、森町教育委員会から配布された資料に基づき、経緯を踏まえた詳しいお話を拝聴。
 現存する母屋は300余年を経ていますが、昭和58年に半解体修理による復元工事、平成23・
 24年に屋根の葺き替えと耐震改修工事が行われたこともあり、美しい佇まいを残しています。


 
b0111173_11513051.jpeg

 
b0111173_11515054.jpeg


 茅葺屋根で覆われた屋内は、赤松や栗が多用され、骨太でリズミカルな軸組みが特徴的です。
 なかでも、柱は一間(1.82m)ごとに建っていて、通常よりも太めのサイズになっていました。
 これは「柱に掛かる梁からの軸力を直接受けているため、柱が座屈しないようにしている」と、
 同行された構造家の山辺氏が語った言葉に、参加者一同が納得した表情を浮かべていました。
 十分に見学時間を充てたつもりがタイムアップとなり、渋々次の場所へと移動していった先は、


 
b0111173_13475076.jpeg


 同じ森町にある複合型体験施設の「アクティ森」。
 陶芸や草木染め等の創作やアウトドア体験、地場産品の販売所やレストランが併設されています。
 ここでは昼食を取るために立ち寄ったため、一行はレストランへ直行。
 時間と人数の関係上、予め決められたメニューの中から私が選んだのは、


 
b0111173_13534730.jpeg


 一番人気の「大井川ダムカレー」。
 地場産の食材を使用し、少し辛口の大人のカレーに仕上がっていました。
 スプーンがスコップをかたどっていて、遊び心を感じさせる演出に思わず笑みが・・。
 食事を済ませた後は、僅かな時間を利用してのショッピングを楽しんでいただきました。
 次は、本日のメインイベント会場である「掛川市森林組合新事務所」へと向かいます。


 
b0111173_13591841.jpeg


 会場入りする前に、新事務所をバックに参加者の皆様との記念撮影。  
 残念ながら、会場設営に専念していただいたJIA静岡のメンバーは写っていませんが、それでも
 写真に納まりきらないくらい、大勢の皆様にご参加いただきました。
 ちなみに写真中央の長身の男性が、今回講演をしていただいた構造家の山辺氏です。
 
 と、これから先は私も投稿させていただいている「住まいネットマガジン びお」の編集の方が
 詳しく記事を掲載していますので、下記をご覧ください。


 


 また、以前のブログで紹介した記事も、よろしければ併せてご覧ください。


 



 

by mura-toku | 2018-03-09 14:15 | イベント | Comments(0)

  “遠州バザール2014” の報告です。

 例年通り、これまでに手掛けた作例をパネル等で紹介させていただきました。

 
b0111173_10302233.jpg





 中でも注目されていたのが、正面に掲げたこのパネル。

 
b0111173_10313634.jpg


 “磐田・直庵” の正面外観です。

 広大な敷地にひっそりと佇む雰囲気は、周辺環境に溶け込んでいます。

 一見して平屋建てに見えますが、実はちゃんとした2階建て。

 で、その内部はどうなっているのかというと・・・。




 
b0111173_10381487.jpg


 屋根の形状をそのまま室内に取り込んだ、大きな吹抜けがあるリビング。

 天井には開閉式の天窓があり、自然の光と風を導きます。

 壁面を多く確保したことで、開口部からの光がイキイキ感じられます。

 空間を柔らかく包み込む曲面天井は、一枚づつ板を張って仕上げました。




 
b0111173_10535520.jpg

 
 と、そこで飛び入り応援団長が参上!

 先日のゆるきゃらグランプリで見事10位になった、磐田市のしっぺいです。

 声を掛けたら、すぐに手を振ってこたえてくれました。

 愛くるしい表情に思わず笑みがこぼれ、その場がゆる~い空気に。

 一瞬にして相手のハートを掴むそのスキル、見習いたいものです。

 

 




 

 
by mura-toku | 2014-11-07 11:02 | イベント | Comments(0)