静岡県浜松市にある村松篤設計事務所の所長のブログです


by mura-toku
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

村篤設計塾の模様をご紹介!


 設計のスキルを磨きたい、自分の想いをクライアントに伝える術を学びたいなどの声に応える
 目的で、私塾を始めることにしたのが、今から3年前の2015年。
 早いもので、 ❝ 村篤設計塾 ❞ は今年で4回目を迎えることとなりました。
 そこで、これまでの足跡を振り返りながら、その模様をご紹介したいと思います。



 
b0111173_17384119.jpg


 設計塾ですから、皆さんに設計をしていただくことに相当な時間を割いていますが、良い設計を
 するためには実際の建築を見て感じることも重要だと考え、毎回必ず見学を組み込んでいます。
 こちらの住宅は2008年に竣工した「浜松・山東庵」で、静岡県住まいの文化賞最優秀賞を
 受賞しました。塾生自ら住まい手に住み心地等の感想を聴けるのも、勉強になると好評です。


b0111173_17571075.jpg


 私たちが設計した住宅だけではなく、各地に点在している名家も訪問します。
 こちらは、岡山県倉敷市内に建つ「大橋家住宅」の一室です。
 黒塗りのインテリアに自然光が射し込む劇的な空間は、思わず息をのむ美しさでした。



 
b0111173_18032498.jpg


 ときには、このような和風旅館に泊まることもありました。
 こちらは、京都東山のウェスティン都ホテル京都の別館「佳水園」です。
 社会に出て初めて感動した名建築のひとつで、建築家・村野藤吾による設計として知られています。
 参加者全員が別々の部屋に宿泊し、皆でそれぞれの部屋を見学したことが思い出されます。



 
b0111173_18122274.jpg


 見学先は、これだけにとどまりません。
 アウェイ(私のホームである浜松から出向いていく)の場合は、必ず塾生の仕事も拝見します。
 こちらは、愛知県西尾市のイシハラスタイルの仕事です。
 同じ塾生として緊張する場面ではありますが、以外にも屈託のない会話が印象的でした。



 
b0111173_18172549.jpg


 さて、ここからは設計の勉強について、ご紹介します。
 はじめは、座学である設計講義の一場面です。
 私が考える設計手法についての説明と、どうやってプランを導いていったらいいのかを具体的に
 分かりやすく解説していきます。



 
b0111173_18375500.jpg


 設計講義の後は、塾生たちが設計課題についてプランニングをしているところを回っていき、
 マンツーマンにて直接話をしながら設計の手助けを行います。
 こうすることで、何をどうしたいのかが見えてくるので、ここはお互いに真剣モードとなり、
 個性を活かしたプランが徐々に整っていきます。




 
b0111173_18462519.jpg


 塾生のプランが出来たら、次は各自発表となります。
 ここでは私がクライアントになり、説明を聞く側に回ります。
 これも日常の仕事において、どれだけクライアントに分かりやすく端的に説明が出来ているのか
 を試す、まさにトレーニングの場と言っていいのかもしれません。



 
b0111173_18501041.jpg


 今度は、私がそのプランに対して講評を行います。
 プラン完成まで同じプロセスを踏んでいるはずなのに、見事に違うプランが出揃います。
 塾生たちからのリクエストもあり、厳しいコメントを吐き捨てる場面も・・。



 
b0111173_18552868.jpg

 
b0111173_18554551.jpg


 夜は、開放的な気持ちで懇親会を行います。
 こちらは、倉敷市内にある創作フレンチの「キャンドル卓 渡邊邸」ですが、建築家のデザインに
 よるインテリアがとても素敵で、キャンドルの灯りに包まれた良いひと時でした。



 
b0111173_18583657.jpg

 
b0111173_18585261.jpg


 最後は、私の建築の原点「河井寛次郎記念館」と、今回の設計塾で見学いただける住宅です。
 私が20代の頃に設計した築35年の「街の語り部になる家」をご覧いただくことが出来ました。
 今回も充実したプログラムになっていますので、是非ご参加を検討してみてください!




 



 



[PR]
by mura-toku | 2018-04-13 19:03 | イベント | Comments(0)