静岡県浜松市にある村松篤設計事務所の所長のブログです


by mura-toku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

❝ 浜松・夢双庵 ❞ 軒先に気を配る!


 設計をする上で、いつも気になることのひとつが端部のデザインです。
 それは内外を問わず、線や面の終端部の納め方にかなりの時間を要します。
 例えば屋外だったら、最初に考えるの部分は屋根の先端すなわち軒先です。


 
b0111173_16070397.jpg



 手前の足場の陰で見えにくいのですが、2階屋根の右端(左端も同様)は斜めにカットしています。
 外観の印象は屋根の大小に関わらず、ほとんどがこの軒先の見せ方で決まるのです。
 建主の好みを把握し、建築家が答えを出す。今回はシャープなデザインにしてみました。



 
b0111173_16204928.jpeg



 軒先に近づくと、斜めにしているのがお分かりになると思います。
 屋根そのものが金属板なので、軒先を同じ素材でカバーしてみました。
 屋根の下に見える半円形の樋も、同種の既製品を使用しています。



 
b0111173_16255463.jpg




 屋根を葺く前の下地は、このようになっています。
 あらゆる仕事がそうであるように、美しい仕上げには下地が重要です。
 変則四角形の断面に加工した木下地を、端部に至るまで慎重に取付けていました。



 
b0111173_16301687.jpeg



 他の屋根の端部を下から見上げたところです。
 黒のシャープなラインに白い軒裏(最終的には着色)と無垢板が良く映えます。
 


 
b0111173_16382990.jpeg



 軒先コーナーを近づいて見上げると、こんな感じです。
 仕上がってしまえばシンプルに見えるものですが、このデザインが外観の印象を大きく左右します。
 
 「たかが軒先、されど軒先」
 家の外観は、初対面で顔を会わせたときのように、その人の性格が表れるものです。
 私は人やまちに対して、少しでも品よく映るよう、軒先には気を配りたいと思っています。


 

[PR]
by mura-toku | 2018-02-20 16:55 | 建築 | Comments(0)