静岡県浜松市にある村松篤設計事務所の所長のブログです


by mura-toku
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
b0111173_15574330.jpg
b0111173_15573072.jpg





 先日〝浜松・懐古庵〟の上棟が行われました。

 コンパクトな家ですが、建ち上がった姿は大きく見えます。

 そして、青い空に片流れの屋根がよく映えていました。




 2階に上がり、軒裏の仕上がりを確認しました。

 今回は、化粧垂木の上に化粧野地板を張るディテールですが、

 いつも通りの大工仕事にひと安心。

 懐かしさを感じるこの家の完成は、今夏を予定しています。





[PR]
# by mura-toku | 2014-02-25 16:13
b0111173_09302167.jpg




平屋建ての工事現場〝浜松・雨想庵〟の大工工事が完了しました。

現在は左官や塗装の仕上げに入り、徐々に完成が近づきつつあります。




注目ポイントのひとつは、空間を視覚的に仕切る巨大な<木格子です。

互いの空間は格子の隙間を通して繫がっていて、気配を感じることが

出来るようになっています。

こうしたことを可能にさせるのは、家全体の床下に暖気を送り込み、床を

暖めるソーラーシステムが導入されているからです。



もうひとつのポイントは、写真右上にチラッと見える連続トップライトです。

「雨を感じながら想いに耽りたい」 という建主の希望にそって、自然光が

降り注ぐ大きな硝子を屋根に嵌めてみました。

『晴れれば屋根を支えている角材の影が日時計となり、雨が降れば硝子

の上を水が流れる』

そんな時の移ろいを愉しみながら暮らす姿が目に浮かんできます。



この家がご覧いただけるオープンハウスを、3月中旬に予定しています。

小さな家ですが、広くそして暖かい空間を味わいに出掛けませんか!



[PR]
# by mura-toku | 2014-02-18 09:52 | 建築
b0111173_16041810.jpg

b0111173_16040245.jpg




2月4日(火)~2月9日(日)までの6日間、静岡市の静岡市民ギャラリー第4ギャラリー

にて、JIA静岡主催の〝建築フェア2014〟建築家作品展示が開催されています。

静岡県内の建築家による作品が多数展示されていますので、是非お立ち寄りください。

弊社も、これまでに手掛けた住宅や保育園を、パネルや模型を用いて解説しています。

執筆した新刊本も合わせてご覧いただけますので、お見逃しなく!





[PR]
# by mura-toku | 2014-02-05 16:14 | イベント
b0111173_11193901.jpg






私が所属している、公益社団法人日本建築家協会東海支部静岡地域会

(通称:JIA静岡)が市民向けのイベント〝建築フェア2014〟を開催します。

「いっしょに建築を考えよう」 をスローガンに掲げ、期間中は様々なイベント

を通して市民の皆様と触れ合いたいと考えていますので、興味のある方は

ぜひご参加ください。



2月4日(火)~9日(日)まで開かれている〝建築家の作品をみてみよう〟

のコーナーでは、私が過去に手掛けた4つの作品を展示しています。

場所は静岡市民ギャラリーの第4ギャラリーですので、お時間のある方は

のぞいて見てください。



他にも、建築家の話や子供を対象にしたストロー模型教室、静岡市内の

建築物を巡るツアーなど、内容が盛り沢山となっています。

皆様のお越しをお待ちしています!





[PR]
# by mura-toku | 2014-01-31 11:40 | イベント
b0111173_09395728.jpg


b0111173_09394470.jpg



b0111173_09392017.jpg


先日、長期優良住宅〝濱松・京田郷の家〟のオープンハウスを行いました。

極寒の日であるにも関わらず大勢の皆様にお越しいただき、感謝申し上げます。



この家は外観を見て分かるように、一般的な住宅地に建てられました。

周囲を建物で囲われているため、プライバシーの確保と日照・通風が大きな課題です。

一言で言えば、「窓の位置」 に配慮して設計を行いました。

隣家と視線が重ならない位置に窓を設け、光と風を呼び込む手法です。

南側に家が迫っていても、吹抜け上部の窓から光が降り注いでいるのが分かります。



住む上で基本的な、光・風・雨に適応するための設計は、必要不可欠です。

心地良い空間を感じながら安らいで暮らすこと。

これが、家を持つ醍醐味なのではないでしょうか・・・。




[PR]
# by mura-toku | 2014-01-20 10:02 | イベント