静岡県浜松市にある村松篤設計事務所の所長のブログです


by mura-toku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2014年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧


 “浜松・懐古庵” の大工工事が完了しました。

 外壁は板金が張りあがり、左官は下塗り・中塗りまで進んでいます。

 外観全体の様子がよく分かるようになってきました。

 
b0111173_18333091.jpg







 このタイミングで、外壁に塗る左官のサンプルを確認していきます。

 色合いや表情を見ながら、現場で説明をさせていただきました。

 板金仕上げとの対比がとても楽しみです。

 
b0111173_18385236.jpg







 室内に移って、今度は大工検査です。

 最終の仕上げに入る前に、建主立会いによるチェックを行いました。

 床の養生はまだ外せませんが、壁と天井の大工仕事を見て、確認をしていきます。

 出来上りの雰囲気を説明しながら、イメージを共有するのは大変な労力がかかります。

 
b0111173_18462760.jpg







 この家は、中2階があるのもポイントのひとつ。

 そこには何があるのか、それは見てのお楽しみにとっておきましょう。

 その中2階のレベルから2階を見通したところです。

 コンパクトな家ですが、視線が遠くへ運ばれることで狭さは感じさせません。

 
b0111173_18491836.jpg







 さあ、これから表情が日に日に変化していきます。

 どんな感じになっていくのか、また紹介していきたいと思います。

 





 
[PR]
by mura-toku | 2014-05-20 18:53 | 建築
 
 年度末から年度初めに掛けて、多忙な日々を過ごしていました。

 その理由はまたの機会に説明をさせていただくとして、今回は浜松市内で

 進行中の “浜松・懐古庵” の状況をご紹介します。






 
b0111173_1749644.jpg


 こちらは少し前に撮影した写真ですが、南側全景です。

 コンパクトな二つの立方体に、緩勾配の屋根を載せてみました。

 向かって右側は中二階ゾーンなので、一段低くなっています。






 
b0111173_17534115.jpg


 玄関のドアを開けると、この薄い壁が目に飛び込んできます。

 これは階段を支えるための構造を兼ねたものですが、極限まで薄くすることで

 階段の巾を大きく確保することが可能になりました。

 半円形にカットした部分は、完成してからのお楽しみです。






 
b0111173_1804882.jpg


 2階の一室です。

 壁・天井ともリーズナブルなラワン合板で仕上げてみました。

 昔からある材料ですが、大工の仕分け作業によって色合いが揃った深みのある

 美しい表情の部屋になったように思います。

 見方によっては、シックな趣で重厚感さえ漂っています。




 大工工事が終盤を迎えてきました。

 今後、仕上げ工事の模様をお伝えしていきたいと思います。




 
[PR]
by mura-toku | 2014-05-13 18:06 | 建築