静岡県浜松市にある村松篤設計事務所の所長のブログです


by mura-toku
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2010年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧


 
b0111173_176577.jpg


 先月、三重大学にて開催された 「アントニン・レーモンド展」 を観て来ました。

 レーモンドと言えば、国内で数多くの教会や住宅を手掛けられてきたことで知られていますが、

 今回の展覧会はなかでも木造建築に焦点を絞り、写真や図面さらには模型までが展示されて

 いて、内容はなかなかのもの!


 
b0111173_171455.jpg


 木組みは四角に製材されたものを使用するのではなく、丸太をそのまま生かしたデザインで

 まとめ上げているところが、独特の迫力を醸し出している。

 それは、日本の大工技術の高さを最大限に引き出そうとした結果なのだろう。


 
b0111173_17193589.jpg


 もうひとつの見所は、キャンパス内に現存されている〝レーモンドホール〟を体感できること

 であった。建設時は図書館として利用されていたものなのだが、現在は多目的ホールとして

 使われているらしい。60年を経てもなお、私たちに 『建築とは何か』 を問い正しているのを

 改めて考えさせられた1日でした。
[PR]
by mura-toku | 2010-10-22 17:31 | 建築

 先日、「浜松・憩庵」 の材木仕分け作業を行いました。

 天気は朝から快晴で、しかも無風状態!

 季節外れの熱中症に掛かってしまうんじゃないかと思うくらいの暑さの中、

 関係者は皆汗まみれで体力を消耗したのでした。



 
b0111173_17263355.jpg
 

 この倉庫に積まれた木材は、1軒で使用するうちの一部に過ぎません。

 この材料を製材所の方の目で選定し、屋外へ運び出されます。



 
b0111173_17193212.jpg


 化粧材といって、家が出来上がったときに見える木材を吟味していきます。

 M棟梁は真っ先に材料のもとへと駆け出しました。



 
b0111173_17242661.jpg


 M棟梁、材木店のY氏、幣所スタッフが各自手分けして、1本1本慎重に選定!

 材木も人間同様、生まれや育ち方によって顔が違うものです。

 部屋からの見え方や色合い、木目の表情、水分率、材料強度等を見ながら決めていく

 作業は、本当に手間が掛かるんですね。



 
b0111173_17525717.jpg


 午前中だけの作業で既に疲労困憊。

 お腹も空いたところに、この眺めは一服の清涼剤となりました。

 天竜の川下りも、たまにはいいものですね!

 結局この後も仕分けを続行し、夕方まで作業が行われました。



 
b0111173_17541135.jpg
 

 最後、延長戦は化粧柱の仕分け作業です。

 水銀灯照明の影響で黄色く見えていますが、実は上等な吉野の杉材が並んでいました。

 同じような顔に見えますが、微妙に色や木目が違うため選定は欠かせません。

 こうして長い長い1日は終わりました。

 「何もここまでしなくても?」 と思われるかもしれませんが、この一手間が家の良し悪しを

 左右するといっても言い過ぎではありません。

 「浜松・憩庵」 の棟上は、今月末に行われます!




 


 

 
[PR]
by mura-toku | 2010-10-14 17:55 | 建築

 先週末、滋賀県の大津に行ってきました。

 幣所が提唱する次世代スタンダードハウス 『Bio森の家』 の進捗状況を見る目的です。

 かれこれ2年ほど前に京都で建主のYさんと工務店の山手工房さんにお会いし、「ぜひ

 このBio森の家で新居を建てたい」 ということから、設計がスタートしたのでした。



 
b0111173_17505538.jpg


 シンプルな片流れ屋根の形態が周辺に溶け込んでいるのを見て、まずは一安心。

 Y夫妻も緩やかな屋根が大変気に入っていただいているようで、思わず笑みがこぼれます。

 それにしても、この家の棟梁は仕事をよく理解されているようで、この先がとても楽しみだなあ~。



 
b0111173_17575463.jpg


 現場のすぐ近くに、昔の面影を残した土塀を3者でウォッチングしました。

 「こんな感じに外壁を仕上げて欲しいんだけど・・・。」 と、Yさんがポツリ。

 なかなか難しい注文ですが、山手工房さんに奮闘を期待したいものです!





 
[PR]
by mura-toku | 2010-10-06 18:04 | 建築