静岡県浜松市にある村松篤設計事務所の所長のブログです


by mura-toku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:イベント( 22 )


  “遠州バザール2014” の報告です。

 例年通り、これまでに手掛けた作例をパネル等で紹介させていただきました。

 
b0111173_10302233.jpg





 中でも注目されていたのが、正面に掲げたこのパネル。

 
b0111173_10313634.jpg


 “磐田・直庵” の正面外観です。

 広大な敷地にひっそりと佇む雰囲気は、周辺環境に溶け込んでいます。

 一見して平屋建てに見えますが、実はちゃんとした2階建て。

 で、その内部はどうなっているのかというと・・・。




 
b0111173_10381487.jpg


 屋根の形状をそのまま室内に取り込んだ、大きな吹抜けがあるリビング。

 天井には開閉式の天窓があり、自然の光と風を導きます。

 壁面を多く確保したことで、開口部からの光がイキイキ感じられます。

 空間を柔らかく包み込む曲面天井は、一枚づつ板を張って仕上げました。




 
b0111173_10535520.jpg

 
 と、そこで飛び入り応援団長が参上!

 先日のゆるきゃらグランプリで見事10位になった、磐田市のしっぺいです。

 声を掛けたら、すぐに手を振ってこたえてくれました。

 愛くるしい表情に思わず笑みがこぼれ、その場がゆる~い空気に。

 一瞬にして相手のハートを掴むそのスキル、見習いたいものです。

 

 




 

 
[PR]
by mura-toku | 2014-11-07 11:02 | イベント

 このたび、建主のご厚意によりオープンハウスを開催します。

 日時は10月11日(土)12日(日)10時~16時、場所は浜松市東区中郡町です。

 長期優良住宅で、木造平屋建て26坪のボリュームですが、内部空間はとても

 豊かに広がっています。ご興味のある方は、どなたでも参加が可能です。

 詳細は、こちらの案内をご覧ください。




 
b0111173_11145068.jpg


 
[PR]
by mura-toku | 2014-10-06 11:16 | イベント

 私が所属している日本建築家協会東海支部静岡地域会(通称JIA)

 "JIA静岡デザインフェア" を開催します。

 8月22日(金)~24日(日) の3日間、会場は静岡文化芸術大学です。

 「木」 を見つめ直すことに焦点を絞り、デザインを考えてみようというもの。

 このうち3日間を通して行われるのは、環境・エネルギー・パッシブ・風景を

 キーワードにした建築作品展示です。

 JIA会員が設計監理をした作品を、パネルや模型を使って紹介します。

 ちなみに私も4作品を出展しますので、ぜひご覧ください。




 
b0111173_9354643.jpg


 22日(金) は、「建物の低燃費と建築デザインを兼ね備えたパッシブハウスを

 建てましょう」 と題した第1回JIA塾(温熱環境セミナー)を開催します。

 これからの省エネについて、車のように家の燃費をシミュレーションする考え方

 を学ぶ勉強会です。会場は南棟3階381講義室、時間は15:50~16:50です。

 23日(土) は、天竜産材を用いてのワークショップを開催します。

 「小人の空間とヒトの空間、巨人の空間-木の空間とスケールのデザイン遊び」

 と題して、木片を積み上げながら空間を構築していく醍醐味を体験していただけます。

 会場は西ギャラリー、時間は10:30~12:00です。




 
b0111173_9592518.jpg


 同じく23日(土) に、デザイナー講演会を開催します。

 「庭と建築」 と題して、荻野寿也景観設計の荻野氏に講演をしていだきます。

 数多くの建築家との協同でも知られる荻野氏からどんな話が語られるのか、

 とても楽しみです。会場は南棟2階280講義室、時間は14:00~16:00です。




 きっと何かが見つけられるイベントですので、皆様ぜひ会場へお越しください。

 JIA静岡一同、会場にてお待ちしております。

 
[PR]
by mura-toku | 2014-08-20 10:12 | イベント

 6月5日~6日の2日間、“JIA静岡第1回建築ウォッチング” を行いました。

 私が所属している公益社団法人日本建築家協会東海支部静岡地域会

 (通称JIA静岡)では毎年3~4回、気になる建築を実際に見に行くツアーを

 企画実行しています。

 今回は、JIA静岡としては初めての1泊2日とあって、多くの参加者が集いました。

 なかでも注目は、建築家・益子義弘氏設計の軽井沢山荘を氏の解説付きで

 じっくり内部まで見学できること。

 静岡出発の車内では、早朝からヒートアップしていました。





 
b0111173_9594734.jpg


 最初に見学させていただいたのは、三笠の山荘です。

 敷地内にあった大カエデを活かした配置と開口部の取り方は絶妙で、見学者一同

 目を皿のようにして見入っていました。

 2棟のボリュームに合わせた形態とその置き方は、新築とは思えないほどまったく

 違和感なく、その土地の風景として溶け込んでいたように思います。

 小雨が軽井沢の新緑を美しく演出していたのも、とても印象的でした。





 
b0111173_1075224.jpg


 次の見学先は、南が丘の山荘です。

 閑静な別荘地の中に、ひっそりと佇む平屋建ての建築は、静かでコンパクト。

 窓から見える風景を切り取る開口部は圧巻で、皆がうなりながら見学をしていました。

 建築は全体のプログラムを構築するのが重要だと言われていますが、この山荘は

 それだけでなく、プラン・プロポーション・ディテールの全てにおいて密度の高い

 完成度であったように思います。





 
b0111173_10164177.jpg


 その益子氏の講演会を、7月19日(土) に浜松市で行うことになりました。

 場所は静岡文化芸術大学で、JIA静岡が主催しています。

 詳細については、JIA静岡HPをご覧ください。

 きっと、住まいや建築に対する興味深い話が聞けるかと思いますよ。


 
[PR]
by mura-toku | 2014-07-17 10:23 | イベント

 台風が過ぎ去り、初夏のような日差しが届くようになりました。

 これから涼しさを求める季節に変わっていきますが、日影が恋しくなりそうです。





 
b0111173_16565179.jpg


 先日開催した “浜松・懐古庵” のオープンハウス報告です。

 天気予報では雨でしたが、雲の合間から青空が顔を覗かす天気になりました。

 外壁は漆喰塗りと金属板で仕上げ、シンプルなデザインとしました。

 左手前の塀は、木格子を立てたオリジナルデザインです。





 
b0111173_174264.jpg


 開始早々、玄関が靴で埋まってしまうほどの盛況ぶりでした。

 市内だけでなく、愛知県や静岡市・富士市からの参加者もあり、皆さん熱心に

 見学をされていたように思います。





 
b0111173_176436.jpg


 見学されている様子の一コマです。

 一般の方から専門の方まで、隅々までご覧いただいているのが印象的でした。





 地元天竜材を用い、呼吸する自然系の仕上げを施した家は高いと思いがちですが、

 設計次第でコストコントロールをすれば、決して難しい話ではありません。

 小さい家でも広く住めるコツは、設計力にあると言っても過言ではありません。

 今回の仕事を通して、家の大きさが20坪台でも家族4人が十分暮らせるんだという

 ことが、実証できたのではないかと思います。

 「家の良し悪しは大きさではない!」 ということが、確認できた一日でした。
[PR]
by mura-toku | 2014-07-11 17:19 | イベント

 このたび、私事で恐縮ですが、JIA静岡地域会長に就任しました。

 この組織は、公益社団法人日本建築家協会東海支部静岡地域会が

 正式名称です。

 建築設計を専業としている者の集団で、県内では70名弱の正会員が

 地元で活動をしています。

 一般市民に対して建築設計の魅力を会員の活動を通して伝えるべく、

 今年度から2年間の任期で会長を務めることになりました。

 JIA静岡を地域に根付かせるため、これまで以上に尽力していきたいと

 思っています。

 私の紹介を兼ねた記事が掲載されましたので、ご紹介しておきます。





 
b0111173_11441396.jpg


 また、事業等の紹介をこれから発信していきますので、よろしくお願いします。
[PR]
by mura-toku | 2014-06-09 11:47 | イベント


先日行われた〝浜松・雨想庵〟オープンハウスの報告です。



b0111173_09383270.jpg


北側道路から見た外観です。
屋根が2段に重なり合うことで、変化のあるデザインになっています。
その理由は、ヒューマンスケールを重視しているからで、なかでも
玄関アプローチ上の屋根は訪れる者を包み込んでくれる高さに抑えています。



b0111173_09381924.jpg


広間の吹抜け空間です。
壁上の木格子は向こう側の空間と繫がっています。
こうすることで、空間を柔かく仕切ることが可能になります。



b0111173_09380788.jpg


広間から奥の和室を見通してみました。
特徴的なのは、2箇所の天窓です。
最上部に設けた天窓からは、終日安定した光が降り注いでいました。
和室上部の天窓は開閉式で、光と風を呼び込んでくれます。


b0111173_09375076.jpg


晴天に恵まれたオープンハウスには、多くの皆様が来場されました。
太陽熱による床暖房のおかげで日中は22度まで室温が上昇し、
皆様は暖かさを体感されていたのが印象的でした。
無暖房でも、高断熱仕様に自然エネルギー利用を組み合わせるだけで
温暖な気候の浜松なら充分過ごせることを実感されたことでしょう。
来場された皆様、どうもありがとうございました!


[PR]
by mura-toku | 2014-03-19 10:07 | イベント
b0111173_16041810.jpg

b0111173_16040245.jpg




2月4日(火)~2月9日(日)までの6日間、静岡市の静岡市民ギャラリー第4ギャラリー

にて、JIA静岡主催の〝建築フェア2014〟建築家作品展示が開催されています。

静岡県内の建築家による作品が多数展示されていますので、是非お立ち寄りください。

弊社も、これまでに手掛けた住宅や保育園を、パネルや模型を用いて解説しています。

執筆した新刊本も合わせてご覧いただけますので、お見逃しなく!





[PR]
by mura-toku | 2014-02-05 16:14 | イベント
b0111173_11193901.jpg






私が所属している、公益社団法人日本建築家協会東海支部静岡地域会

(通称:JIA静岡)が市民向けのイベント〝建築フェア2014〟を開催します。

「いっしょに建築を考えよう」 をスローガンに掲げ、期間中は様々なイベント

を通して市民の皆様と触れ合いたいと考えていますので、興味のある方は

ぜひご参加ください。



2月4日(火)~9日(日)まで開かれている〝建築家の作品をみてみよう〟

のコーナーでは、私が過去に手掛けた4つの作品を展示しています。

場所は静岡市民ギャラリーの第4ギャラリーですので、お時間のある方は

のぞいて見てください。



他にも、建築家の話や子供を対象にしたストロー模型教室、静岡市内の

建築物を巡るツアーなど、内容が盛り沢山となっています。

皆様のお越しをお待ちしています!





[PR]
by mura-toku | 2014-01-31 11:40 | イベント
b0111173_09395728.jpg


b0111173_09394470.jpg



b0111173_09392017.jpg


先日、長期優良住宅〝濱松・京田郷の家〟のオープンハウスを行いました。

極寒の日であるにも関わらず大勢の皆様にお越しいただき、感謝申し上げます。



この家は外観を見て分かるように、一般的な住宅地に建てられました。

周囲を建物で囲われているため、プライバシーの確保と日照・通風が大きな課題です。

一言で言えば、「窓の位置」 に配慮して設計を行いました。

隣家と視線が重ならない位置に窓を設け、光と風を呼び込む手法です。

南側に家が迫っていても、吹抜け上部の窓から光が降り注いでいるのが分かります。



住む上で基本的な、光・風・雨に適応するための設計は、必要不可欠です。

心地良い空間を感じながら安らいで暮らすこと。

これが、家を持つ醍醐味なのではないでしょうか・・・。




[PR]
by mura-toku | 2014-01-20 10:02 | イベント