静岡県浜松市にある村松篤設計事務所の所長のブログです


by mura-toku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

2018年 02月 08日 ( 1 )


 昨年竣工した ❝ 掛川市森林組合新事務所 ❞ が、ウッドデザイン賞2017を受賞しました!


 
b0111173_15421684.jpg



 この賞は、木材・木製品を利用する消費者が木の良さや価値を再発見できる製品・取組を顕彰し、
 森林・林業の活性化や木のある豊かな暮らしの実現を図る取組として、2015年度から始まりました。
 3年目となる今年度は、全国から453点の応募があり、このうち建築物は64点が選ばれました。
 私たちが受賞した部門は、ソーシャルデザイン部門(木を使って地域や社会を活性化しているもの)
 で、建築・空間・建材・部材分野(審査員分野長は建築家の隈研吾氏)になります。



 
b0111173_15582643.jpg


 こちらは、昨年の12月に東京ビッグサイトで開催された「エコプロ2017」で、ウッドデザイン賞受賞
 作品が展示されたときの紹介パネルです。
 審査委員会からは「地域産の木材を美しく、無垢材による安心感をもたらす場所としてデザインされた
 良質なオフィス空間。執務のしやすさに留まらず、新たな木材利用の見える化を表現した情報発信拠点
 としても有効である。」と、評価のポイントが寄せられていました。



 
b0111173_16074007.jpg
 

 新事務所の全景を眺めた写真です。
 木造2階建てで、手前側には木の骨組みを表し、無垢材利用を意識したデザインとしています。
 右に向かって屋根がせり上がり、躍動感のあるダイナミックな外観に仕上がりました。
 ここを通りがかった人からは「何だ、これ?」と、思わず見てしまう建築になっているようです。



 
b0111173_16191260.jpg


 入口を入ると、手前の土間空間から事務室が繋がるようになっています。
 先ほどの外観写真で紹介した木の骨組みが、規則的に連続しているのがよく分かります。
 この骨組みで使用している木材は杉の無垢材で、全て地域産にこだわりました。
 また、この骨組みの間に見えている板張りのような面は、実は厚さが12cmもある杉の無垢パネル
 で、構造材・断熱材・仕上材を兼ねたものとしてチャレンジしています。



 
b0111173_16392115.jpg



 賞状授与のご褒美として撮影していただきました。
 これにおごらず、今後はさらなる上を目指して精進していきます!


 


[PR]
by mura-toku | 2018-02-08 16:43 | 建築