静岡県浜松市にある村松篤設計事務所の所長のブログです


by mura-toku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

 住まい手の悩み!


 都心をはじめとした地価が高い場所では、中古住宅のリノベーションに人気が

 集まっているという話が聞かれるようになりました。

 数十年前に建てられた一戸建て住宅を購入し、自分たちの暮らしに合わせた

 改造をしようというものです。

 どこまで理想に近づけるのかは予算次第かと思われますが、それでも毎月の

 家賃と同額程度であれば、思い切って購入に踏み切るのもうなづけます。




 私が暮らす浜松では人口こそ80万人を超える政令指定都市ですが、面積が

 大きいせいか、まだまだマイホームは新築一戸建てが主流のようです。

 ただ、人生で恐らく一番大きな買い物の割には、結果として満足されていない

 住まい手が多く存在しているようで、そんな話をよく耳にします。

 理由はひとつではなく多岐にわたっていることは想像されますが、そのひとつ

 ひとつを解き明かし、住まい手の気持ちに近づくことが出来なければ、決して

 良いものは生まれません。




 住まい手が、直接事務所に訪問される理由は様々です。

 家の老朽化や耐震性に不安があったり、家の性能に問題があり夏暑く冬寒い

 暮らしを送っていたり、借りている家が狭くなってきたので一戸建てを考えたい

 などなど、皆さん沢山の悩みを抱えています。

 自社HPを見ればおおよそのことは把握できますが、逆にそれ以上のことを

 知りたいと思えば、実際に会って直接話をされるのが一番です。




 設計事務所は敷居が高いからと、遠慮されている方がいます。

 建築家は、住まい手のことをあまり考えずに自分の作品を勝手に造る人だと

 勘違いされている方がいます。

 自分たちの予算では実現不可能で、設計料が余分に掛かるから依頼できない

 と尻込みしている方がいます。

 そんな時、悩みを聞いて正しい方向性を示すのが、建築家の役割です。




 建築家は住まい手の代理人であり、全体を通しての調停者でもあります。

 プランをつくるだけではなく、全体予算の調整や法的チェック、工事が図面通りに

 正しく行われているかの現場チェックなど、仕事は広範囲に及びます。

 住まい手の考えを代弁しながら施工者に伝え、調整する仕事も含まれます。

 会って話をして実際の建築を見なければ、建築家の仕事を理解するのは

 難しいことかもしれません。

 少しでも興味をお持ちでしたら、気軽に訪問してみてください。(悩みをぶつけに)




 
b0111173_11451860.jpg

 

 
[PR]
by mura-toku | 2014-12-25 11:46 | 建築