静岡県浜松市にある村松篤設計事務所の所長のブログです


by mura-toku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

 「浜松・彩庵」の 断熱材!


 今年の梅雨は大雨・強風・落雷と、想像を絶する被害の模様が報道されていて、

 本当に驚くばかりです。

 いくら現代の技術をもってしても、自然の猛威には叶わないということでしょうか。

 今、わが国が置かれている状況は、全く予断を許しません。

 まだ大丈夫だろうと過信をせずに、各自の判断で行動しなければならない時が

 来ているのではないかと思います。




 それにしても、連日の高湿度には体が参りますね。

 なんと昨日、事務所の湿度計は92%を記録しました。

 じっとしていても、じと~と汗が噴き、体中がベトベトになってしまうのは嫌ですね。

 そんな中〝浜松・彩庵〟の現場では、大工が噴き出す汗と戦いながら、断熱材の

 充填作業を行っています。




 
b0111173_18153047.jpg


 これが、今回使用する 『木繊維断熱材』 というものです。

 文字通り木の繊維を漉いて重ね合わせただけの、木だけでつくられた断熱材で、

 大変優れた性能をもっています。




 
b0111173_18234554.jpg


 これは外壁面に充填しているところですが、柱と同じ12cmの厚さがあるので、

 隙間無くビシッと入れ込むことが出来るのが、その特徴の一つ。




 
b0111173_18261140.jpg


 このシートは、空気は通さないが水分は通すことができる特殊なものです。

 これを断熱材の前面に貼ることで、家の気密を確保しながら断熱性能と調湿機能を

 保つという、地元ではあまりやられていない工法にチャレンジしています。




 
b0111173_18354638.jpg


 外壁面は断熱材だけが入った状態、屋根面は断熱材に特殊シートが貼られた状態

 を写したものです。

 写真では分かりませんが、屋根面にはこの断熱材を24cmの厚さで充填しました。

 これは恐らく、真夏の暑い日射熱の影響をほとんど受けない、驚くような室内環境が

 実現出来たのではないかと思っています。

 「ホントかな?」 と思われた方は、28日(土)の体感見学会に出掛けてみては・・・。


 
[PR]
by mura-toku | 2012-07-13 18:45 | 建築