静岡県浜松市にある村松篤設計事務所の所長のブログです


by mura-toku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

 JIA静岡〝建築ウォッチングin横浜〟その4


 少し間が空きましたが、〝建築ウォッチングin横浜〟の続きをお伝えします。

 前回は、元町公園内に建つアントニン・レーモンド設計の エリスマン邸

 お話をしましたが、その斜め向かいに建っているのが 『山手234番館』 です。




 
b0111173_16322847.jpg


 この建物は、関東大震災後の1927年(昭和2年)に、外国人のための共同

 住宅として建てられました。

 成長した街路樹が、ほどよく建物に影を落としてくれています。




 
b0111173_163814100.jpg


 左右対称形の外観は、当時1階の左右とその上階に各2戸づつの計4戸の

 住宅が配されていたことを表わしているようです。

 それにしても、かなり洋館の雰囲気が漂う感じがしますね。




 
b0111173_16444639.jpg


 シンプルな造りの階段に見えますが、正面窓のデザインや真鍮製の手摺が

 アクセントになっていて、抑制の効いたインテリアに仕上がっています。




 
b0111173_16482047.jpg


 無垢の床板、白く塗られた壁と天井、真鍮製のカーテンレール、壁埋込みの

 暖炉、これら本物の質感は時を経た今でも、見る人を感動させてくれます。




 
b0111173_16541648.jpg


 お洒落な料理が運ばれてくるような、メイン・ダイニングルームです。

 静かで上質な設えが心を落ち着かせてくれる、不思議な空間を体感しました。




 
b0111173_172204.jpg


 山手本通りを歩いた先には、『港の見える丘公園』 に到着です。

 この公園内にも、まだまだ見所が沢山あるんですね。

 そのお楽しみは、この次までとっておくことにいたしましょう!
 
 

 
[PR]
by mura-toku | 2011-07-22 17:10 | 建築