静岡県浜松市にある村松篤設計事務所の所長のブログです


by mura-toku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

 JIA静岡〝建築ウォッチングin横浜〟その2

 
 連日の猛暑に体が悲鳴を上げています。

 昨日は、私が住む浜松で36.7度の最高気温を記録しました。

 まだ梅雨が明けていないというのに、いつまでこの天気が続くのでしょうか?



 そこで、この暑さを少しでも和らげたいという気持ちから、先週お伝えした

 JIA静岡地域会主催の建築ウォッチングin横浜の続きをお話

 したいと思います。




 
b0111173_1654556.jpg


 これは 『ベーリックホール』 と呼ばれている建築物で、1930年 (昭和5年) に

 イギリス人貿易商ベーリック氏の住宅として、J.H.モーガンの設計により建築

 されました。

 横浜山手地区に現存する西洋館としては最大規模のもので、2001年度には

 歴史的建造物に認定されています。




 
b0111173_17124421.jpg


 洋風瓦に銅版製の雨樋、スタッコ調の塗り壁に飾り窓がアクセントとして配され、

 全体が南欧風のデザインでまとめられています。




 
b0111173_1717112.jpg

 
 暖炉からの煙を出すための煙突があったり、




 
b0111173_17181039.jpg


 正面の水飲み場には、カラフルな色合いのタイルを貼ったりしていて、とてもお洒落。




 
b0111173_17205850.jpg


 中に目を移すと、果たして何人の方が入るんだろうと思ってしまうほどの巨大なホール

 がお出迎え。




 
b0111173_17235667.jpg


 一画には家具や調度品が復元されていて、当時の雰囲気を味わうことが出来ます。




 
b0111173_17263446.jpg


 「どうぞ2階へお上がり下さい」 と、誘いかけられてるようなデザインの階段。




 
b0111173_17292529.jpg


 鮮やかなブルーのタイルに合わせた窓枠の色、市松模様の床タイル、純白の洗面、

 これらすべてが主張しているのに、全体が上手く溶け込んでいるデザインの洗面室。




 
b0111173_17344841.jpg


 何ともいえない美しい色合いの漆喰磨き壁です。

 光の移ろいによって、その表情は刻々と変化するのが左官壁のいいところ。

 レトロな雰囲気の真鍮製スイッチプレートが、壁の質感にとてもマッチしていますね。




 
b0111173_17401964.jpg

 
 「おいおい、ここは建築だけが魅力じゃないんだぜ」 と、睨まれてしまった瞬間!

 不意に現われた町のガイドは、だまってこの先を案内してくれるのでした。

 続きは、またのお楽しみ~
 

 
[PR]
by mura-toku | 2011-06-30 17:57 | 建築