静岡県浜松市にある村松篤設計事務所の所長のブログです


by mura-toku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

 長期優良住宅 『伎倍の森コミューン』 建方初日!


 いや~それにしても、この体にまとわり付くような湿気、困ったものですね。

 まあ梅雨ですから、少しぐらい我慢しろと言われればそれまでなんですが・・・。

 じっとしているだけで汗が吹き出るこの季節、皆さんの地域はいかがでしょうか?



 昨日、長期優良住宅 『伎倍の森コミューン』 の建方が行われました。

 朝から雨が降ったり止んだりの天気でしたが、本降りになることは無かったため

 工事は順調に進んでいきました。

 これもずいぶん前から願掛けをしていた、施工者である(株)アトリオさんの

 現場最高責任者A氏のおかげでしょうか?



 
b0111173_16211034.jpg


 最初に1階の柱が建てられ、



 
b0111173_1622148.jpg


 それに水平の梁材が取り付き、1階の骨組みがほぼ完成しました。



 
b0111173_16234127.jpg


 この時点で上から見ると、こんな感じで2階の床組みも完了しています。

 大きい梁材で高さが36cmもあり、本当にビクともしない頑丈な床組みです。



 
b0111173_16263210.jpg


 この上に、構造用合板と呼ばれる厚さ2.8cmの床板 (下地用) が全面に

 張られていきます。

 合板と合板の継ぎ目部分は、互いが一体になるよう予め凹凸の加工が施され

 ていて、床全体ががっちりと面で構成されるようになっています。



 
b0111173_16455964.jpg


 2階の柱と梁材が組み上げられました。



 
b0111173_17133512.jpg


 途中 「雨に負けないよう頑張れ!」 と、応援団長に励まされる場面も・・・。

 この先がどうなっていくのか、とても気になる様子。



 
b0111173_16525132.jpg


 いよいよこの家の最大のポイント、大屋根を構成する登り梁を組んでいきます。



 
b0111173_16542492.jpg


 全ての屋根組みが完了したところです。

 登り梁に水平方向の角材も組まれているので、床と同じく非常に頑丈な屋根が

 出来上がりました。



 
b0111173_1702132.jpg


 屋根面を構成する合板が張られた状態です。大屋根全体が姿を現しました。



 
b0111173_1735569.jpg


 屋根面で使用した合板は、床と全く同じ厚さ2.8cmのものです。

 通常使用するものと比べて2~3倍の厚さがあるのと、面が一体になるよう

 計算されているので、水平面と同様な屋根面が確保できました。



 
b0111173_1710314.jpg


 最後は新居をバックにしての記念撮影!

 建主ご家族にとって、またひとつ記念日が増えた瞬間です。

 明日は、この続きをお伝えします。
 

 
[PR]
by mura-toku | 2011-06-27 17:23 | 建築