静岡県浜松市にある村松篤設計事務所の所長のブログです


by mura-toku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

 世界最大の新エネルギー総合展!


 毎年春になると、建築関係のイベントが各地で行われるようになりますが、今年はエコエネルギーの

 最新動向をこの目で見ておかなければと思い、東京ビッグサイトの展示会に行って来ました。



 
b0111173_1519741.jpg


 会場前に設置されていた案内看板を見ても分かるように、全部で7種類の展示会が東西2つの会場に

 分かれて開催されています。

 今回は何といっても、太陽光発電が普及しつつある状況において、デザインやコストを含む施工性が

 どこまで進化しているのかという点に興味がありました。



 
b0111173_15364654.jpg


 年度末の平日であるにも関わらず、エコエネルギーへの関心の高さからか、想像を超える来場者の

 数にまずはびっくり!

 各自向かうブースはそれぞれ違いますが、新しいデザインや将来性の高いものの周りには、どこも

 熱気に溢れ人の輪が出来ていました。



 
b0111173_15414368.jpg


 さて、これは何でしょう?

 左の小型太陽電池 (縦10cm×横25cmぐらい?) が室内照明のエネルギーを利用して発電し、

 それを右のSPDとデザインされている円形のスタンドに組み込まれたLED照明を発光 (本当は連続

 点滅しているのですが、写真ではよく分かりませんね) させているのです。

 このブース、主催者から送られてきた招待状の出展者欄を見て、偶然見つけた会社でした。

 『(株)SPD研究所 』 ?

 これはもしかして、あの先生が興されたSPD?

 以前いただいた名刺を見て、展示会のWEBサイトを確認しましたら、やはりそうでした。

 

 
b0111173_1623414.jpg


 中央に立たれていらっしゃるのが(株)SPD研究所の金子正治先生、左は今回同行された(株)水﨑

 建築の水﨑社長 (新技術の現在を把握されたいとのことで参加されました) です。

 当時大学に勤務されていた金子さんとはかれこれ30年近く前、私がまだサラリーマンだったころに、

 ご自宅を設計させていただいた (浜松・蜆塚の家と称して、幣所の作品集Ⅱに紹介しています) のが

 きっかけで、今でもお付き合いさせていただいている関係なのです。

 偶然にも1昨年前に竣工した 「浜松・山東庵」 のオープンハウスに参加され、水﨑さんの名前は頭の

 片隅に記憶されていました。



 素人の2人に対して、熱心に分かりやすく技術解説をしていただいたのですが、頭の構造が違うのか

 はたまた歳のせいなのかは分かりませんが、全てを理解することは残念ながら出来ませんでした。

 当日いただいた資料の紹介をさせていただくならば、スプレー熱分解薄膜形成技術(SPD)を利用

 して、主に太陽電池の低コスト化 (シリコン太陽電池の3分の1程度) を実現することで、地球環境

 に少しでも貢献したいとの想いが綴られていました。 (間違っていましたら、すみません)

 ちなみにこの技術、国内よりも海外で注目されているようで、何とも歯がゆい気分になりました。

 でも先生が描いておられる、電力が行き届いていない地域を含めて地球の隅々までこの技術を

 届けたいということが実現できるのならば、それが本望なのかもしれませんね。


 
[PR]
by mura-toku | 2011-03-04 16:46 | 建築