静岡県浜松市にある村松篤設計事務所の所長のブログです


by mura-toku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

 私の原点!


 2011年、あけましておめでとうございます!

 本日1月6日が仕事始めとなりますが、今年もよろしくご愛読下さい。

 新年1本目のブログは何にしようかと、正直迷いました。

 皆さんは今年の抱負とか、仕事に対する意気込みとかを述べられているようですが、

 私は恥ずかいことを承知のうえで 『私の原点』 をお話したいと思います。

 以下は、昨年のJIA(社)日本建築家協会東海支部の機関誌に掲載したものです。

 大変つまらなくかつ拙い文章ですが、よろしかったらご一読下さい。


 私の原点

 学生の時、自由設計の課題に『ホテル』を選択した。
 何から手をつけていいのか分からない私は、担当の先生から全体のゾーニングの
 考え方や諸室のバランス・ボリューム等について、細かな指導を受けた。
 忘れないうちに設計に取りかかるものの、思うようにまとまらない。
 私自身が未熟であることが最大の理由であるのだが、もがいているうちにあるひとつの
 ことを理解していないことに気づいた。それは、客室であった。

 本来、最も重要視するべき客室をないがしろにしていたのである。
 適切な部屋の大きさ、天井の高さ、窓の位置、家具の配置、照明計画等々考えなければ
 ならないことは山ほどある。
 すぐさま書店へと足を運び、慣れない専門書籍を開いてみるものの、これだというものが
 中々見つからない。
 諦めかけていたその時、1冊の本に目が留まった。
 今でも書棚の片隅に置いてある『新建築詳細図集―ホテル編』(新建築社刊)である。

 沢山の実例が紹介されているなかで、何となく気持ちよさそうに思える客室が見つかった。
 決して広いスペースではないが、寸法に無駄が無く、機能的にとてもよくまとまっていた。
 客室の写真もその雰囲気をよく伝えていた。
 ベッドルームなのに障子や襖が設けられているのも、私には新鮮に映ったのかもしれない。
 いつの日か、こんな素敵なホテルに宿泊できたらいいなとも思った。

 設計者の名前は、恥ずかしながら後に知ることになる。建築家・吉村順三氏。
 私が社会に出てから最初に夢中になり、今でも敬愛する建築家のひとりである。
 大好きな吉村さんと学生のときに触れ合っていたとは、偶然にしては鳥肌が立つほどの
 衝撃を覚えた。古都を訪れるたびに、こうした私の原点を思い出す。


 
b0111173_1148395.jpg


 昨年の秋、久しぶりに鴨川沿いを歩きました。今でも変わらぬ姿がそこにはありました。


 
b0111173_11503494.jpg


 またゆっくりと泊まりながら、思い出に耽ってみたいと思います。
[PR]
by mura-toku | 2011-01-06 11:53 | 建築