静岡県浜松市にある村松篤設計事務所の所長のブログです


by mura-toku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

 柔らかく見せる!


 和室は基本ルールに従ってつくると、どうしても部屋が硬くなりがちです。

 柱や鴨居等の木を見せて天井を水平にすれば、一応部屋の形は成立します。

 ただ何も考えなければ、面白くない普通の和室になってしまいかねません。

 できれば少しでも部屋が広く感じるように、時には柔らかいデザインを用いることもあります。

  

 
b0111173_18475379.jpg



 畳と床の間の床板は同じ高さに揃え、部屋の壁がそのまま床の間へと繋がっています。

 木が見えてくる箇所は極力少なくし、天井は曲面に仕上げてみました。

 左官壁の特徴を活かした瓢箪型の切り抜きは、ひとつのアクセントになっています。

 住宅は本来家人が寛ぐ場。ゆったりとした気分で過ごしてみたいものです。
[PR]
by mura-toku | 2010-09-03 18:49 | 建築