静岡県浜松市にある村松篤設計事務所の所長のブログです


by mura-toku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

建築家・前川國男の自邸


 ちょうど今から2年前、仕事仲間のM氏と東京ウォッチングに出掛けました。

 それは梅雨入り前の爽やかな季節、外を歩いていても気持ちよかったことを思い出します。

 1番の目的は、小金井市にある 『江戸東京たてもの園』 を訪れること。

 公式HPによると、1993年(平成5年)3月28日に開園した野外博物館で、都立小金井公園

 の中に位置し、敷地面積は約7ヘクタール、園内には江戸時代から昭和初期までの、27棟

 の復元建造物が建ち並んでいるとのことで、現地保存が不可能な文化的価値の高い歴史的

 建造物を移築し、復元・保存・展示するとともに、貴重な文化遺産として次代に継承することを

 目指していると書かれています。

 私たちは、この中でお目当ての建築家・前川國男の自邸に向かいました。


 
b0111173_17215455.jpg


 主庭から見る外観は、豪快なプロポーションの大屋根が特徴的で、いかにも前川さんらしい

 骨太で思い切りのいいデザインがとても光っています。

 1942年(昭和17年)の戦時下に建てられたと印されていますが、当時としてはとても斬新

 だったのではないでしょうか。

 
 
b0111173_17323093.jpg


 控えめな玄関から入り、広間の入口(大きな回転ドア)を開けた瞬間に飛び込んでくる空間

 が、この写真です。(うまく伝わらないのが、とても残念)

 早い時間にも関わらず、すでに数人の来館者が熱心に見学をしていました。

 それぞれ見るポイントが違うのは当然なのですが、一般の方が前川さんのことを知っている

 とは・・・。(さすがに、これが東京なのでしょうか?)


 私はこの空間を体にしみ込ませようと、静かに見学をしていたのですが、同行したM氏は

 食卓のディテールが気になるのか、しつこく裏側まで覗き込んでいました。

 「これは面白い!今度、挑戦してみよう。」 と、少し興奮気味のM氏の眼が輝いているでは

 ありませんか。

 そして、ぽつりともう一言 「やっぱり、俺には東京が合うなあ~」?


 
[PR]
by mura-toku | 2010-05-27 17:53 | 建築