静岡県浜松市にある村松篤設計事務所の所長のブログです


by mura-toku
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2009冬・東京視察(その2)

「清水建設技術研究所」の見学を終え、門前仲町まで徒歩での移動と相成りました。
日頃の運動不足のせいか、徐々に歩く速度が遅くなり、気が付けば東京人に追い抜かれていく有様。
それでも何とか辿り着き、下町の定食を味わうことが出来ました。
地下鉄に乗り、六本木で下車。次の視察先、国立新美術館に到着です。

b0111173_18314282.jpg


ご存知、建築家黒川紀章氏の代表作であり、遺作にもなった曲面ガラスカーテンウォールの美術館。
映像や雑誌で見るよりも、意外に外観がコンパクトだなと感じました。
アプローチからの立ち姿を、かなり意識したからなのでしょうか?


b0111173_18321080.jpg


館内は平日にもかかわらず、〝加山又造展〟を鑑賞する人で大変賑わっていました。
全面ガラスの吹き抜けや逆円錐状の構造物が、この空間を印象付けています。
変化に富んだ空間やコントラストを効かした配色も、インパクトがありました。
ただ初めて来場される者にとっては、必ず立ち寄りたいWCやショップの位置をもう少し分かりやすくしてほしいものだと思いました。
美術館である以上、やはり展示室を最優先しなければならない結果なのでしょうか。
[PR]
by mura-toku | 2009-02-23 18:57 | 建築